製品カタログ

S&W M15 Combat Masterpiece .38spl 4inch HW Ver.3

S&W M15 Combat Masterpiece .38spl 4inch HW Ver.3 

.38spl弾を使用するM10ミリタリー&ポリス(M&P)はその長い歴史のなかで数々の派生モデルを生み出しました。1947年に可動式リアサイトに変更した6inchバレルのK-38ターゲット・マスターピースが登場し高い評価を得ました。それをベースに銃身を4inchに短縮化したK-38コンバット・マスターピースがFBIなどの要望から誕生することとなります。「K-38」とはフレームサイズK、 .38spl仕様を意味します。戦後に「M15」のモデルナンバーが与えられ、オートマチックピストルに移行する80年代後半ごろまで米空軍やFBI、各州警察などに幅広く使用され、「マスターピース」の名前が示すように「軍・警察リボルバー」としてS&Wを代表する製品となりました。

今回このモデルをご要望が多かったモデルガンで製作致しました。 .38spl専用のテーパーがかった細身で無骨な銃身には、エジェクター・ロッドを覆うシュラウドがなく、ホルスターから引き抜く際に引っかかりにくく、その後のスタンダードとなる斜めにカットされたフロントサイトと、低めの専用リアサイトブレードを備えます。トリガーには滑り防止のセレーションが入り、ハンマーはコッキングし構える機会が多いことからセミワイドを採用しています。また.38spl専用のヨークと.38spl専用シリンダーが再現されていることも大きな特徴です。その他、ダイヤ・チェッカータイプのフラット・ボトムグリップやバレル固定ピン、サイドプレート側にある大きなSWマークなど1967年製のアーリータイプを再現しました。

仕様

全長:
234 mm
重量:
617 g
装弾数:
6 発
備考:
  • 材質 HW樹脂
  • 使用カートリッジ .38スペシャル発火カートリッジ(6発付属)
  • 7mmキャップ火薬使用発火式
  • フレームタイプ Kフレーム・スクエアバット
  • 発売日 2021年12月中頃発売予定
価格:
¥28,380(税込)
※記載されております製品重量等のスペックは生産ロットにより多少の違いが出る場合がございますので、ご了承ください。