製品カタログ

S&W M15 Combat Masterpiece 4inch HW Ver.3

S&W M15 Combat Masterpiece 4inch HW Ver.3 

.38spl弾を使用するM10ミリタリー&ポリス(M&P)はその長い歴史のなかで数々の派生モデルを生み出しました。1947年に可動式リアサイトに変更した6inchバレルのK-38ターゲット・マスターピースが登場し高い評価を得ました。それをベースに銃身を4inchに短縮化したK-38コンバット・マスターピースがFBIなどの要望から誕生することとなります。「K-38」とはフレームサイズK、.38spl仕様を意味します。戦後にM15のモデルナンバーが与えられ(6inのターゲット・マスターピースはM14)、80年代後半までは警察や軍で広く制式に使用されるなど、M15はM10とともにS&Wを代表する「軍・警察リボルバー」となりました。素晴らしくバランスの取れたデザインは目に心地よく、品質なども含め、本当に良くできたリボルバー界の至宝です。

今回この名銃をガスガンで製作しました。.38spl専用のテーパーがかった細身で無骨な銃身には、エジェクター・ロッドを覆うシュラウドがなく、ホルスターから引き抜く際に引っかかりにくく、その後のスタンダードとなる斜めにカットされたフロントサイトと、低めの専用リアサイトブレードを備えます。トリガーには滑り防止のセレーションが入り、ハンマーはコッキングし構える機会が多いことからセミワイドを採用しています。その他、ダイヤ・チェッカータイプのフラット・ボトムグリップやバレル固定ピン、サイドプレート側にある大きなSWマークなど1967年製のアーリータイプを再現しました。内部メカはVer.3仕様となりますので、気温に左右されにくく安定した実射が可能です。

実銃では.M15の357magバージョンとして登場したM19の陰に隠れ過小評価されがちなモデルですが、M15は間違いなくS&Wがこれまでに製造した中で最も優れた.38splリボルバーの1つとして評価される名銃です。

▲1968年以前に採用されていたダイヤ・チェッカーグリップ フレームの前後にはセレーションが入る

▲レッド、ホワイトマーキングのない無骨なサイト

仕様

全長:
234 mm
重量:
660 g
装弾数:
13 発
備考:
  • 主要材質 HW 材
  • ペガサス式ガスガン
  • 発売日 2021年4月中頃発売予定
価格:
¥28,380(税込)
※記載されております製品重量等のスペックは生産ロットにより多少の違いが出る場合がございますので、ご了承ください。

対応オプション