製品カタログ

SIG P228 M11 EVO2 frame HW

SIG P228 M11 EVO2 frame HW 

米国国防総省がベレッタM92Fを「M9」として採用した数年後、いまだ使用され続ける.38spl弾リボルバーに変わる機種を選定する「コンパクト・コンバットピストル」プロジェクトで、P228は合格ラインの3倍以上という驚異の耐久成績をたたき出します。1993年に「M11」と名付けられ各軍へ配布されました。M11にはサイト違いで2タイプが存在し、標準サイトが空軍、トリチウムサイトは陸・海軍が採用しています。全体の仕上げも、各部に防錆を目的とした焼付けコーティングが施され、グローブをはめた手にフィットするよう細身のトリガーが採用されているのが特徴です。構造はシンプルかつ適切であり、M9のようにスライド側に設置されたセフティーによる誤操作や、ロッキングブロックの耐久面の不安がなく、多くのプロはこの理由だけでM11を使用します。

実際に納入された仕様とは異なりますが、M11の名を冠したイメージモデル「M11A1」が民間販売されるほど高性能モデルとしてブランド化されています。

コンパクトで、命中精度が高く、壊れない。M11は必要なものは全て備え、問題となるところが存在しない完璧な1丁です。

このモデルを発火ブローバックモデルガンとして再現しました。フレーム、グリップには重量感のあるHW樹脂を使用し、衝撃が集中するスライド、バレルには特殊ABSを採用。サイトはトリチウムタイプとし、スライドには荒めのブラスト処理を施すことで、ザラツキのある実銃の焼付けコーティングを再現しています。

標準モデルと同様に、リコイルガイドには衝撃を緩和するバッファーシステムが組み込まれ、フレーム側には倒れるハンマーの衝撃をエラストマー製のハンマーストップが吸収します。デコッキングレバーやスライドキャッチレバーなど各部品には実銃同様グレーカラーを再現しました。

刻印は2011年モデルを選択。P229のようにアメリカメイドではなく、M11は一貫してドイツ製造であり、スライド側に「made in Germany」、フレーム側にはドイツ製を示すプルーフマークが入ります。セラコート塗装のアルミ製UIDプレート付属。EVO2(9mm paraタイプ)カートリッジ対応。

仕様

全長:
178 mm
重量:
650 g
装弾数:
カートリッジ 13 発
備考:
  • 主要材質 HW+特殊ABS
  • 5mmキャップ火薬使用発火式
  • 発売日 2020年11月中頃発売予定
価格:
¥29,500(税抜)
※記載されております製品重量等のスペックは生産ロットにより多少の違いが出る場合がございますので、ご了承ください。

対応オプション